びまん性脱毛症(FAGA)は全体的に髪の毛が薄くなっていくのが特徴です。

MENU

女性が薄毛になる原因

 

近年、女性でも薄毛に悩まされる女性が増えてきています。薄毛になる原因は人によりさまざまで、たくさんの種類があります。

ここでは女性の薄毛になるさまざまな原因をご紹介します。

 

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは女性男性型脱毛症とも呼ばれ、別名FAGAとも呼ばれます。本来の男性型脱毛症とは異なり、全体的に髪の毛が薄くなっていく症状が特徴です。

 

びまん性脱毛症になる原因は、老化による男性ホルモンの増加で、ストレスなどによっても起こりえます。多くは40代以降の更年期といわれる時期になる事が多いですが、過度なストレスによって若年層である20代でもまれに発症する事があります。

 

過度のダイエットによるもの

ダイエットしすぎた女性のイラスト

食事制限などの過度なダイエットを行うと、栄養不足になってしまい、髪の成長に必要な栄養が行き渡らなくなる可能性があります。
そのため髪が抜けるなどといった薄毛症状を起こしてしまう可能性があります。

 

また、運動不足になると血行不良になってしまい、頭皮に栄養を与える事が出来ず、脱毛を起こしてしまうことがあります。
ダイエットをする場合は栄養バランスや適度な運動を心掛ける事が大切です。

 

また、生活習慣の乱れによっても薄毛になる可能性があります。ダイエットだけでなく、きちんとした生活習慣を送るように心掛けましょう。

 

ヘアスタイルによるもの

ポニーテールやエクステンションなど髪を引っ張る髪型にすると、頭皮に過度の負担がかかってしまい、その負荷が続くと脱毛が起こる事があります。
また、同じ分け目を持続させる事でも頭皮に負担がかかります。頭皮に負担をかけないようにするには定期的にヘアスタイルを変える事が大事です。

 

パーマやカラーリングによるもの

パーマやカラーリングを行った事がある方であれば誰でもご存知かと思いますが、パーマやカラーリングを行う場合、薬剤を髪に塗って施術を行います。
そのためどうしても頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。また、薬剤が肌に合わない場合、炎症、かゆみ、痛みなどをおこすことがあります。
市販の薬剤でカラーリングやパーマを行うときには、必ず事前にパッチテストを行う事が大切です。

 

遺伝によるもの

親族に薄毛の人がいる場合、その遺伝子を引き継いでいる可能性があります。
しかし、生活習慣やヘアケアを見直すことによって薄毛を防ぐ事は可能です。