育毛シャンプーには抜け毛を抑制したり、頭皮環境を整える成分が含まれています。

MENU

女性育毛シャンプーに含まれる有効成分

 

一口に「女性用の育毛シャンプー」と言っても、さまざまな種類の女性用育毛シャンプーが販売されています。
多くの種類の女性用育毛シャンプーが販売されているという事は、全ての育毛シャンプーに異なった成分が配合されている事になります。

 

そのため、女性専用育毛シャンプーを選ぶときには、自分の求める成分が入っている育毛シャンプーを選ぶ必要があります。
では女性専用の育毛シャンプーにはどのような有効成分が配合されているのでしょうか?

 

 

シリコンとは

髪をなびかせる女性のイラスト

シャンプーのCMなどでよく「ノンシリコン成分」という言葉を聞く事があるかと思います。
しかし、言葉として知っていても、その意味まできちんと理解している人は少ないのではないのでしょうか?

 

シリコンの役割とは、「髪の痛みを防ぐ」「髪の手触りを良くする」「髪の保護成分」などで、物質自体は安全性の高いもので、決して悪い働きをするものではありません。

 

シリコンの成分名は、シクロメチコンジメチコンアモジメチコンシリカなどです。

 

悪い働きをするものではないのに、なぜ「ノンシリコン」がよいといわれるのでしょうか?
それはシリコンはあくまでも「髪の保護成分」であるため、防ぐ力がとても強く、頭皮や肌にダメージを与えてしまう可能性があるためです。

 

育毛シャンプーの主な目的は「頭皮の環境を整える」というものなので、シリコンの有無で言えば、やはり入っていないノンシリコンを選ぶようにしたほうがベターであるといえます。

 

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kとは「甘草」と言われる漢方にも使用される天然由来成分で、植物の根や茎などから抽出されるエキスです。
育毛シャンプーの多くに含まれている成分の1つで、頭皮の殺菌効果があり頭皮の環境を整える働きをします。

 

センブリエキス

多くの育毛剤や育毛シャンプーに入っている成分の1つで、漢方成分の一種として有名な成分です。
育毛シャンプーに配合される事により、頭皮の血行促進を促す働きをします。

 

キャピキシル

キャピシルは天然由来成分で、近年育毛シャンプーや育毛剤で注目されている成分の1つです。主な効果として、細胞を修復し、抜け毛を抑制する働きがあります。
同じ働きをする成分として「ミノシジル」という成分がありますが、こちらは副作用の恐れがあるため、このキャピキシルが注目されるようになりました。