アミノ酸系シャンプーは保湿効果が高く、頭皮を保護する効果があります。

MENU

普通のシャンプーとの違い

シャンプーをする女性

 

シャンプーは女性であれば普段の生活で必ず使用するアイテムの1つですよね。ドラッグストアなどのお店に行けばさまざまな種類のシャンプーが販売されています。

 

しかし、どのシャンプーがどのような性質のものなのか、良くわからずに使用している方が多いのではないのでしょうか?

 

ここではシャンプーはどのような種類が販売されているのかご紹介します。
ご自分に合ったシャンプーを見つけるためにも、ぜひご参考になさってくださいね。

 

石油系シャンプー

ドラッグストアなどで良く見かける安価なシャンプーのほとんどがこの石油系シャンプーです。
泡立ちが良く、洗浄力が非常に強いシャンプーですが、その反面、洗浄力が強すぎて頭皮の皮脂をとりすぎてしまい、返って頭皮を乾燥させて皮脂の過剰分泌を促してしまう事があります。

 

石鹸系シャンプー

石油系シャンプーよりも比較的高価な値段で販売されている事が多いです。
石油系シャンプーよりも頭皮を痛めない分、使用後に髪の毛がゴワついてしまう事が多いため、しっかりとトリートメントを行わないと髪の毛の手触りが悪くなってしまいます。

 

アミノ酸系シャンプー

基本的に天然由来成分で作られている事が多く、育毛シャンプーにも区分されているシャンプーです。
石油系シャンプーのような泡立ちや洗浄力はありませんが、保湿効果が高く、頭皮を保護する効果があります。また、石鹸系シャンプーのように髪がゴワつく事もありません。

 

しかし、石油系シャンプーや石鹸系シャンプーよりも高額になる事が多く、一般の店舗で販売されている事が少なく、通信販売などで購入することが多いです。

 

シリコン

シャンプーのCMなどでよく「ノンシリコン」という言葉を聞く事があると思います。
シリコンとは、髪の毛の絡まりを防いだり、髪の毛の手触りを良くする成分で、髪をコーティングする性質があります。

 

なぜノンシリコンがよいかとされているかというと、シリコンは「髪の保護成分」が主であるため、頭皮のケアという点で言えば、ノンシリコンであるほうが良い、とされている為です。成分自体は害のあるものではありません。

 

このようにシャンプー1つとってもさまざまな種類があります。自分の頭皮や髪の毛の状態にあったシャンプーを選ぶようにするとよいでしょう。