女性が薄毛になる原因と原因に応じた対処法をご紹介します。

MENU

家で出来る薄毛の対処法

家で出来る薄毛の対処法は以下のものがあります。

  • 育毛剤、発毛剤
  • セルフマッサージ
  • シャンプーなどのヘアケア
  • 髪の休息
  • ヨガ、ストレッチ
  • 生活習慣の見直し
  • サプリメントによる栄養補給

 

状況に応じて複数の対処法を実践しましょう。
効率的に薄毛を治すには原因を見極めて、適切な対処法を選ぶことが大切です。

 

 

原因に応じた対処法

 

女性が薄毛になるのは以下の原因があります。

 

  • びまん性脱毛症(FAGA)
  • 過度のダイエットによるもの
  • ヘアスタイルによるもの
  • パーマやカラーリングによるもの
  • 遺伝

 

原因に対して対処法が合っていなければ効果は限定的です。
たとえば過度のダイエットが原因であれば、育毛剤や発毛剤を使っても効果は少ないです。
ダイエットによる栄養不足が原因なら食事を見直したりサプリメントで栄養補給を行いましょう。

 

 

育毛剤、発毛剤を使う

 

効果的な場面

びまん性脱毛症(FAGA)
老化
パーマやカラーリングによるもの
ヘアスタイルによるもの
遺伝

 

 

幅広い用途で効果がありますが、商品選びが重要です。
ポイントになるのは、原因が頭皮や髪のダメージによるものなのか、身体の内面的なものなのかです。
パーマやカラーリングによる場合は、頭皮をケアする成分を配合したものが効果的です。
遺伝やFAGAの場合は、発毛成分があるタイプを使うとよいでしょう。

 

育毛剤、発毛剤は即効性がなく継続することが大切です。
無理して高い商品を買うのではなく続けられるものを選びましょう。

 

 

セルフマッサージ、シャンプーなどのヘアケア

 

効果的な場面

びまん性脱毛症(FAGA)
過度のダイエットによるもの
ヘアスタイルによるもの
パーマやカラーリングによるもの
遺伝

ヘアマッサージを行う女性

マッサージをやりすぎるのは逆効果ですが、適度なマッサージは幅広い場面でオススメできます。
入浴中や入浴後など頭皮が柔らかくなっている時に毎日継続して行いましょう。
ダメージが大きい場合はシャンプーをしながら、手で優しく行いましょう。
できれば、頭皮マッサージ用のグッズを買って血流をよくするために適度な刺激を加えるとよいです。
最初はマッサージで抜け毛が増えるかもしれないですが、継続すると薄毛治療だけではなく美肌、小顔など幅広い相乗効果を期待できます。

 

シャンプー選びは育毛効果のあるものを中心に相性の良いものを選びましょう。
ドライヤーなども見直してみるとよいでしょう。

 

 

髪の休息

 

効果的な場面

ヘアスタイルによるもの

 

仕事で髪を引っ張る髪型にしないといけない場合は、家にいるときはなるべく、おろした状態にしましょう。
家に帰ったら先にお風呂に入って、髪を休息する時間を増やすなどの配慮をしましょう。
髪を結ばないだけではなく、睡眠時間を増やし質の向上を図りましょう。

 

生活習慣の見直し

 

効果的な場面

びまん性脱毛症(FAGA)
過度のダイエットによるもの
ヘアスタイルによるもの
パーマやカラーリングによるもの
遺伝

ヨガで生活習慣を改善しよう

生活習慣を完璧にこなしている人は少ないでしょう。
ヘアスタイルによるものなど、直接の関係性がない薄毛でも生活習慣を見直すことは大切です。

 

ホルモンバランスの乱れであれば、ヨガやストレッチをしてストレス解消と代謝・血流の改善を同時に行いましょう。
過度なダイエットであれば、サプリメントでの栄養補給だけではなく食生活の見直しも同時に行うとよいでしょう。