女性の毛根が死ぬことは殆どなく、対策を取ることで再び髪の毛が生えてきます。

MENU

男女の薄毛の違い

薄毛における男女の差とは

薄毛の原因は男女共通して複数ありますが、男性は男性ホルモンの増加によるものが圧倒的に多いです。

女性はストレスや出産を理由にしたホルモンバランスの乱れ(女性ホルモンの低下)、ダイエットによる栄養不足、パーマやヘアカラー、髪型による頭皮のダメージが多いです。
男女問わず、睡眠、食事、ストレス解消など生活習慣の見直しをすることがもっとも重要です。
育毛剤などで薄毛対策を行う場合は、男女別に開発された商品を選ぶようにしましょう。

 

 

女性は毛根が死ににくい

 

髪の毛が抜けることは誰にでも起こることです。
重要なのは、抜け毛の量と毛根が生きているかです。
男性の場合は髪の毛が抜けると毛根が死んでしまうことが多いです。
毛根が死ぬと髪の毛が生えてこなくなるので、最終的にはツルツルの状態にハゲてしまいます。
女性は薄毛の原因が男性と違い、男性ホルモンの増加する量が限られていることから、毛根が死ぬことはほとんどありません。

 

抜け毛が多かったり、毛が細くなったりすると目立ってしまいますが、対策を取れば再び髪の毛は生えてきます。
出産や過度なストレスなど一時的な原因であれば自然治癒する可能性が高いです。

 

ただし、毛根が生きていても慢性的なストレスやホルモンバランスの乱れが起こると、薄毛の状態も悪化を続けていきます。
産休で仕事を休んでいる場合など、状況によっては無理にお金をかけた対策を講じる必要はないですが、楽観的に考えすぎてはいけません。

 

 

女性は抜け毛よりもボリュームの低下で悩む人が多い

ボリュームダウンに悩む女性

女性は男性に比べて髪の毛を長く伸ばすものです。
ショートカットであっても、男性の短髪に比べて長い状態です。

 

髪型の違いから、女性は髪の毛が細くなってボリュームが低下しただけで目立ってしまいます。
男性はボリュームの低下なら髪型でごまかせますが、女性はそうもいきません。
目立ちにくい髪型はあっても、ボリュームの少ないと分け目、つむじ、生え際が目立ってしまいますし、艶やハリにも影響を与えます。

 

そこで、男性に比べてシャンプーやドライヤーなど日々のヘアケアで状態をよくする重要性が高くなっています。
女性は抜け毛を減らすことよりも、ボリュームを出すことを重視して薄毛対策を行いましょう。
ボリュームを出すためには、ノンシリコンやアミノ酸系などの育毛シャンプーを活用すると効果的です。

 

 

また、ボリュームが減るのは髪の毛が抜け落ちて休眠サイクルを経て再度生えてくるヘアサイクルが遅くなっていることも関係しています。
ヘアサイクルは生活習慣の乱れや血流悪化、頭皮のダメージによって遅くなります。
ボリュームがなくなったことを理由にパーマやカラーリングでごまかそうとすると、頭皮のダメージが増して、見栄えはごまかせても髪の毛の状態はどんどん悪化してしまいます。
状況によっては、髪型でごまかすことも大切ですが、常にヘアサイクルを改善できるように頭皮の状態や生活習慣を良くする取り組みを行いましょう。