36度くらいのぬるま湯で、シャンプーを十分に泡立ててから洗いましょう。

MENU

正しい髪の洗い方

 

育毛シャンプーで頭皮の環境を整えて抜け毛を防ごうとしても、正しい髪の洗い方を行わなければせっかくの高価な育毛シャンプーの効果をしっかり発揮させる事が出来ません。
そんなことにならない為にも、正しい髪の洗い方をきちんと行う事が大切です。

 

 

シャンプー前に必ずブラッシング

ブラッシングをする女性のイラスト

シャンプーの裏面には「シャンプーの使用方法」というものが記載されていますが、「シャンプー前にブラッシングをすること」ということはなかなか書かれていません。

 

しかし、シャンプーの前にブラッシングをする事はとても大切です。

 

1つめは、髪がもつれたままシャンプーを行うと髪の毛を引っ張ってしまい、頭皮に余計な負担を与えてしまう為、抜け毛を引き起こしてしまいやすくなること、2つめは、髪についているほこりなどを取り除く事で、シャンプーの効果をしっかり髪1本1本に届ける事が出来ますし、シャンプーをより泡立ちを良くする事が出来、髪の汚れをきちんと落とす頃ができます。

 

その他にも、頭皮の血行を促すなどのマッサージ効果もあり、抜け毛を防ぐ事にもつながります。
ブラシは常に清潔にするようにしましょう。ブラシが汚れていると雑菌が繁殖してしまって、そのまま使用すると頭皮に悪影響を及ぼす可能性があります。

 

 

シャンプーの正しいやり方

まずは髪をシャワーだけで簡単に洗う事が大切です。
こうする事で髪を十分にぬらす事が出来、シャンプーの効果を十分発揮させる事ができるのと同時に、頭皮や髪の汚れを落とす事が出来ます。
36度くらいのぬるま湯で洗うようにすると、より地肌や髪に優しく洗う事ができます。

 

シャンプーの液は直接髪につけて洗うのではなく、十分に泡立ててから使用するようにしましょう。その泡を髪につけ、頭皮は指の腹で優しく洗い、髪にもなじませるように優しく洗うようにしましょう。

 

すすぎは流し残しがないようにしっかり行いましょう。シャンプーが残っていると髪や頭皮にトラブルを起こしてしまいます。
泡立ててシャンプーしていれば、簡単に洗い流すことができます。

 

自分に合ったものの選び方

 

 

髪を乾かす方法

しっかりすすいだ後はきちんとしたタオルドライをするようにしましょう。そのときもわしゃわしゃふくのではなく、水分をタオルで吸収させるようにするとよいでしょう。

 

その後、ドライヤーでしっかり乾かす事が大事です。ドライヤーは最初は「強」でしっかり乾かし、ある程度乾いたら「中」や「弱」に切り替えて頭皮や髪に余計なダメージを与えないようにしましょう。